トイレの交換は効果的な水漏れ対策

トイレは設置から10年を過ぎると、水漏れなどのトラブルが発生する可能性が高くなります。部品が手に入る場合でも、修理するより交換した方が結果的に安く済むことも少なくありません。設置からの年数によっては、交換も検討してみましょう。

■交換で水漏れをスッキリ解決

水漏れや故障をきっかけに、トイレの交換をする人は少なくありません。便器自体が原因の水漏れの場合には、安全性の観点からメーカーが交換を推奨していることもあり、交換が原則となっています。木の床から水が漏れているケースでは、対応が遅れると床の強度が落ち、新しい便器を設置することができなくなることもあり得ます。便器だけでなく床自体を直す必要が出てくるため、費用も膨らんでしまうでしょう。設置からの年数にもよりますが、水漏れで床が濡れている場合には、交換も視野に入れて検討すべきです。
タンク内の部品や温水洗浄便座の耐用年数は約10年だと言われています。陶器製の便器はヒビが入ったり割れたりしない限りは使えますが、変色や臭いが気になると言う理由で交換に踏み切る人も多いです。便器自体の実際の寿命は、10年から15年とも言われます。トイレを交換すれば、便器はもちろん、タンクや温水洗浄便座もすべて新しくなるので、トラブル発生のリスクは格段に下がります。積極的な対策を考えるなら、トイレの交換がおすすめです。

■メリットの大きいトイレの交換

水漏れ対策以外にも、交換にはさまざまなメリットがあります。最新式のトイレは、一度に流す水の量が従来型に比べ3分の1以下となっており、大幅な節水効果が見込めます。水漏れなどの修理費用だけでなく、水道料金も節約できるわけです。家族が多い場合には、よりお得感は高くなります。
トイレにかかる費用は水道料金だけではありません。温水洗浄便座を設置している場合には電気代も気になるところです。近年では時間帯指定や必要なときだけ温めるものなど、節電効果をうたうものも登場しており、トイレの交換で電気代を節約することも可能になります。汚れがつきにくい便器や自動洗浄機能を搭載したものに交換すれば、お手入れが楽になる点も見逃せません。トイレの交換はより快適でエコな暮らしを実現する方法のひとつだと言ってよいでしょう。

■まとめ
設置からの年数が長いほど、交換によるメリットは大きくなります。ご自宅の排水方式が床排水か壁排水かによって、設置できるトイレが変わってくる点については理解しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ