自分で直せるトイレの水漏れもある

トイレ 水漏れは、起きた場所によって対処法が違って来ます。水が漏れているのを見つけたら、まず最初にどこから水が出ているのかを突き止める必要があります。水の滴りを手掛かりに、タンク、便器、給水管のどこから水が出ているか大まかな発生源を特定することがポイントです。

■応急処置の方法

どこから水が漏れている場合でも、トイレ 水漏れを見つけたらまず最初にすべきことは、床に浸水しないようにすることです。タンク付近にある止水栓を閉め、水が漏れている場所に雑巾などを敷いてから、原因を探ります。
タンク周辺から水が漏れている場合には、内部の部品に不具合が発生している可能性があります。タンクの蓋を開けてみて、タンク内の水位が低い場合はフロートバルブ、高いときはボールタップが原因の可能性が高いです。浮き玉を持ち上げたり、絡まったチェーンをほぐすだけで直ることもありますが、そうでない場合には部品の交換が必要です。便器周辺から水が漏れているときは、便器にヒビが入っているか、割れている可能性が高いです。温水洗浄便座の部品が破損しているケースも考えられます。そして、給水管から水が漏れている場合には、接合部の緩みを疑いましょう。

■自分で直せるかどうかの判断基準

トイレ 水漏れが自分で直せるかどうかは、漏れている水の量が重要なポイントになります。水が大量に漏れている場合は、二次被害を防ぐためにもすぐに業者に連絡すべきです。
給水管の接合部から水が滴っているときは、ナットを締めてみます。水が止まるようなら緩んでいただけです。直らない場合には、パッキンの交換が必要になります。パッキンはホームセンターなどで手に入ります。道具を持っていれば、自分で直すことも可能です。温水洗浄便座の故障が原因の場合には、自分で直すことはできません。故障したまま使っていると、火事になる可能性もあるため注意が必要です。異常を感じたら迷わず業者に連絡しましょう。床から水が滲み出ているときは、便器を外してみる必要があります。便器自体が原因の水漏れは、トイレの交換が必要です。どちらも自分で直すことは難しいので、応急処置をしたらすぐに業者に連絡することが大切です。

■まとめ
トイレの水漏れを自分で直そうと触っているうちに、事態が悪化することも少なくありません。部品が安く手に入る場合でも、ホームセンターに買いに行く手間や工具などの購入費用を考えると、かえって高くつくことも多いものです。自分で対処するのが難しいと感じたら、無理せず業者に相談してみましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ